上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


面倒だと思いながら 君は僕にキスをした
鳴き止まない 雨は穏やか
傘を閉じて 二人濡れた

その声にもう少し 抱かれていたいな
愛してる?
今すこし 口が止まったけど

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって
届かない

雨が止み、君はまた 僕に背を向け歩き出す
何にも君は言わずに 僕も特に何も言わず

照りつける太陽に 傷みを覚えて
濡れた髪が乾くまで ここで立ち竦んだ

確かなことから 逃げて、躓いて
転んだ時には空が見えた
冷たい雨にも 嫌がらず打たれた
君には 届かない

叫んだ想いは きっと雨と一緒に
排水溝へ流れゆく
どれだけ素敵な 歌に乗せたって

届かない

緑が舞う日も 茜に染まる日も
もう隣には 君はいない
それでも確かに 胸がざわついてる
君のいる方向(ほう)へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。