上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君のその横顔が 悲しいほど綺麗で
何一つ言葉かけられなくて
気づけば涙溢れてる

きっとみんなが 思っているよりずっと
傷ついてたね 疲れていたね
気付かずにいて ごめんね

春の風包まれて 遥かな夢描いて
夏の雲途切れては消えていった
秋の空切なくて 冬の海冷たくて
夢中になっていくほど 時は経っていたね

たくさんの出来事を くぐりぬけて来たんだ
そして 今 ここにいる君のこと
誇りに思ういつの日も

人ってきっと 言葉にならないような
思い出だとか 気持ちを抱え
そうして生きていくんだね

遠回りばかりして 疲れる時もあるね
だけど最後に辿りつく場所って

そばにいるだけでただ 心が癒されてく
そんな支えにいつか なりたいと願うよ

春の風包まれて 遥かな夢描いて
夏の雲途切れては消えていった
秋の空切なくて 冬の海冷たくて
夢中になっていくほど 時は経っていたね
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。